金属屋根 遮熱塗装 防水工事|西岡化建株式会社
防水工事

HOME > 事業内容 >防水工事 > 現在のページ

金属屋根 遮熱塗装

こちらが施工前の写真となります。 工場では非常にポピュラーな瓦棒葺き屋根ですが、ご覧の通り経年によって全面に錆が発生しています。所々には腐食による穴もみられ、漏水も発生していました。

こちらは併設されている事務所の屋根です。 同じ瓦棒葺きですが、工場に比べて日光が遮られており、なおかつ工場より新しいということもあり、工場屋根ほどの劣化は見られませんでした。 ですが、塗膜の剥がれや塗料のチョーキング(粉体化)も見られますので、再塗装すべき時期であることは間違いありません。

まずは下地処理として、ブラシや皮すき,ワイヤーカップブラシを取り付けたサンダーを使用し、錆や汚れなどの脆弱層を除去します。 下地処理が一番重要であるのは、塗装でも防水でも塗床でも共通です。
下地処理が不足していると、塗料が塗装面に適切に密着せず、少しの衝撃で剥がれてしまいます。 塗料少しでもはがれると、塗装面と塗料の隙間から錆が発生し、一気に劣化が進みます。

手作業での錆落しが終わると、次は高圧洗浄で粉塵等を除去します。 場合によっては洗浄を先にしたり、下地の程度がよければ高圧洗浄のみで下地処理を終わらせたりすることもありますが、こちらの場合は錆の進行が進んでいましたので、事前に屋根の腐食状況のチェックも含め、手作業での錆落しを済ませておきました。

工場屋根の樋部分です。 完全に朽ちて穴があいてしまっています。 屋内に漏水する場所ではありませんが、修復は必要です。

穴があいている場所、また、あきそうな場所は、塩ビ板にて修復補強いたしました。 塩ビ板を貼り付け、隙間から水が浸入しないようにシーリングを施し、さらにその上にウレタンを塗布します。

こちらが錆止塗装を行っているところです。 こちらでは日本ペイント製の2液型エポキシ系錆止材を採用しました。高い錆止効果と浸透性があり、プライマーとしての役割も果たします。 また、弱溶剤ですので、これほどの面積を一気に塗ってもそれほど臭気もありません。 写真でも雰囲気が伝わるかと思いますが、本現場はいわゆる工業地帯などの中にあるわけではありませんが、仮に住宅地内であったとしても問題ない程度の臭気です。

換気筒廻りについても、錆で朽ちていましたので、樹脂パテで成型をします。 写真左下に少しだけ写っていますが、パテにて成型したうえに、ガラスクロスを貼りつけてさらに強度を向上させています。 鉄の腐食は、基本的に「端」や「先端」から始まり、広がっていきます。つまり、そういった角を集中的に保護すれば、錆の発生を抑制することが可能です。

錆止めの塗装が終わると、上塗りに移ります。 こちらがシルバーの2度目の上塗を行っているところです。 快晴時にシルバーの塗装をすると、そのまぶしさによって塗料の効果を身にしみて理解できます。 黒などの濃い屋根のように熱を蓄えることもありませんので、空調に使用する電気の削減にも繋がります。一方で、付近に屋根を見下ろす形の高層物がある場合は、光害にも繋がりかねません。 周囲の環境も踏まえて、ご提案させていただきます。

事務所屋根についても、工場屋根と同様に錆止め、シルバー上塗りを2回行います。

最後に塗膜の薄い箇所や穴が無いかをチェックし、問題のある箇所は全てシール処理および再塗装を行います。 錆の進行した鉄板屋根の場合、錆の除去によって新たに漏水が発生する可能性もあります。

こちらの塗料は、耐候性には優れますが、基本的に防水性はありません。もちろん、ピンホール程度であれば、塗膜の形成によって穴はふさがりますが、あくまでこれは「塗装」なので、大きな穴を塞ぐことはできません。

防水性を望まれる方には、屋根に直接ウレタンを塗布し、重防水処理を行ってから、断熱性に優れたシルバートップコートを塗布するという工法をお勧めしております。当然、10年保証です。

事務所屋根、塗装完了です。

工場屋根、塗装完了です。 事務所屋根と合わせ、約2,000uを越える塗装となりました。 本工事以上に錆が進行し、厚みが全く確保できない場合は、塗装さえできない場合もあります。そうなると、すなわち葺き替え工事となり、塗装の何倍もの費用が掛ります。 10年を目途に定期的に塗装を行えば、安定的に、そして長期的にプラント設備の保全が可能です。

 

▲ ページの先頭へ