防水工事|西岡化建株式会社
防水工事

HOME > 事業内容 > 現在のページ

防水工事

弊社では、地球環境を考え、人に優しい防水工法・建物に優しい防水工法・地球に優しい防水工法の施工・開発に取り組んでいます。 そして、長年の防水材の研究を通し、建物全体の機能を保持する複合工法を開発しました。防水箇所の用途・状態・仕様に合わせて、最適な施工方法をご提案いたします。

工法 種類 用途
塗膜防水 FRP防水
ウレタンゴム系防水
ゴムアスファルト系防水
アクリルゴム系防水
セメント系防水
屋上防水
バルコニー
貯水槽防水
シート防水 合成ゴム系防水
塩化ビニル樹脂系防水

屋上防水
バルコニー
廊下
アスファルト防水 改質アスファルト 常温工法
改質アスファルト トーチ工法
屋上防水
複合工法 シート+ウレタン 複合工法
ウレタン+FRP 複合工法
屋上防水
屋上駐車場
シーリング工事 定型シーリング材
不定形シーリング材
 

 

塗膜防水工法

液状の合成ゴム系・合成樹脂系材料を用い、合成繊維のクロスあるいはガラス繊維・不織布などを敷き込みながら、はけまたはこてなどを用いて塗り付け防水層をつくる工法です。シート防水と違い、シームレスな構造となるのが特徴です。継ぎ目がないため防水性が高く、複雑な形状の部位においても施工が可能です。

FRP塗膜防水

防水層を繊維強化プラスチック(FRP:Fiber Reinforced Plastics)を塗りつけて施工します。軽量かつ強靭で耐水性・耐食性・耐候性に優れていることが特長です。屋上やバルコニーなどの防水に適しています。屋上緑化などの場合にも、耐根性を発揮します。

環境対応型FRP防水工法での屋上駐車場施工例です。特定化学物質を含まない、低臭の材料を使用することで、施工時の周辺環境に配慮しました。店舗を営業しながらの施工や、住宅密集地での施工にも安心して対応可能です。

詳しくはこちら環境対応型FRP防水工法

ウレタンゴム系塗膜防水

液体のウレタン樹脂を塗りつけて硬化させることで、ゴム状で弾性のある、一体性のある防水層を形成します。下地の形状になじみやすく、シームレスな防水層を作る事ができます。既存の防水層があっても、その上に重ね塗りをすることができるため、改修工事には良く使われている工法です。
酷暑や寒冷地などの環境や、用途(歩行用、運動用、駐車場等)に合わせて、様々なバリエーションに対応が可能です。

詳しくはこちらウレタンゴム系塗膜防水

シート防水

加硫ゴムシートや塩化ビニル樹脂系シートを接着剤で貼り付けて防水層を作る施工方法です。防水シートは工業生産されるため、材料が均質、安定していること、手軽に工事が可能です。

塩化ビニル樹脂系シート防水

塩化ビニル樹脂等をシート状にした防水シートを用いた防水工法で、下地に接着剤などで貼り付ける「密着工法」と専用金具等を用いて下地に固定する「機械的固定工法」があります。

複合防水工法

2種以上の防水工法、または複数の異種防水材を組み合わせることで、より強靭で防水効果の高い防水層を作ります。

シート+ウレタン複合防水 絶縁脱気工法

シート+ウレタン複合防水の特徴としましては、下地を選ばない自由度の高い防水施工が可能という点です。 今までの密着工法では水分によるフクレや、塗膜の破断が発生するほどの動きのある下地であっても、高い強度と柔軟性を持つ絶縁脱気シートが水分を逃がし、動きを吸収することで、塗膜のトラブルを防ぎます。 また、シート単体でも防水性能を保有していますので、万一塗膜の破損が発生しても漏水には至らず、また施工中も特別な仮防水は必要ありません。

詳しくはこちらシート+ウレタン複合防水

 

ウレタン+FRP複合防水 駐車場工法

ウレタン+FRP複合防水の特徴としましては、何よりもその強固な防水層です。 防水層の強度区分は非歩行、軽歩行、通常歩行の3段階あり、押えにコンクリートやアスコンを施工してやっと車が走行できる重歩行となります。 ですが、こちらのウレタン+FRP複合防水ですと、露出状態で重歩行が可能です。スーパーマーケットやホームセンターなどの極めて通行量の多い場所でも施工可能です。

DIC(株) ディックコロテクト低臭システム  コンポER低臭工法/コンポ絶縁工法

FRP防水工法/ウレタンFRP複合防水工法です (騒音防止・低臭・低飛散・低刺激)

工事を施工する途中において、近隣に迷惑が掛からないよう、臭気を抑えた低臭化に成功。 DPマット使用による低飛散・低刺激及び建設副産物の低減にも努力しました。 将来は建設副産物の低減・再資源化・再利用・無臭化を目指します。

コンポUU工法

ウレタン複合防水工法です。(低臭・溶剤削減・廃材削減)

環境対策提案工法として生み出され、臭いが少なく、溶剤使用量が少ない為、施工の効率化が計れます。 営業中の商店、スーパーマーケットにおいてもすばやい仕上げで工事を完工し、営業を中断する必要がありません。

アスファルト防水

アスファルト防水はもっとも歴史が古く、信頼性のある工法です。他の工法よりも耐用年数が長いため、メンテナンスの回数を減少させることができます。

改質アスファルト防水 常温工法

改質アスファルト防水常温粘着工法常温状態で液状のアスファルト材を用い、改質アスファルトルーフィング複数枚を、交互に積層して張り合わせる工法です。冷工法とも呼ばれます。

改質アスファルト防水の特徴としましては、その耐久性でしょう。 ウレタン塗膜防水やシート防水に比べて耐久性が高く、なかでも常温粘着工法ではアスファルトでありながら火を使用せずに施工が可能なため、火災の危険性やアスファルトを溶解させるときの独特な刺激臭を一切発生させずに施工が可能です。

改質アスファルト防水 トーチ工法

改質アスファルト防水 トーチ工法常温粘着工法と違い、ガスバーナーでアスファルトを溶解させながら密着させる工法となります。 火は使用しますが、最小範囲のみしか溶解させませんので、それほど強い臭いは発生しません。

メリットとしては、溶解したアスファルトは継ぎ目や隙間に流れ込んで一枚となり硬化しますので、常温粘着工法に比べて水密性は大幅に向上します。

また、現在でもマンション新築時の防水にはアスファルト系が採用されていることが多く、改修時にも費用と廃材の圧縮が可能で、被せ工法での相性も良いアスファルト防水が採用されています。

金属屋根防水工事

金属屋根遮熱塗装

空調費用対策として、また軽度の雨漏り対策として、工場屋根の遮熱塗装はいかがでしょうか。
完全な防水ではありませんが、塗装にあわせて腐食部やシール劣化部はリフレッシュいたします。

詳しくはこちら金属屋根遮熱塗装

金属屋根防食防水工事

空調費用対策として、防音対策として、また重防錆・重防水として、工場屋根の防水塗装はいかがでしょうか。
こちらは厚膜のウレタンを吹き付ける「防水工事」ですので、通常の塗装に比べて目的も信頼性も全く異なります。もちろん、完全防水で、弊社および材料メーカー連名での10年保証をいたします。

詳しくはこちら金属屋根防食防水工事

シーリング工事

シーリング工事とは、外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、水が通り抜ける、ありとあらゆる隙間を埋める工事をいいます。

シーリングには、使用時にペースト状のものを目地に充填して仕上げる不定形タイプのものと、工場で決められた断面形状に成型した定型タイプの2種類があります。

詳しくはこちらシーリング工事

▲ ページの先頭へ