ポンプ架台 防食工事|西岡化建株式会社
防食工事

HOME > 事業内容 >防食工事 >現在のページ

ポンプ架台 防食ライニング

こちらが施工前の状態です。写真の通り、コンクリートが鉄筋の錆により爆裂し、剥落している状態です。

また、苔が繁殖しているいることからも、コンクリートの中性化が進んでいることが確認できますので、早急に対応が必要です。

こちらが、剥落部を樹脂モルタルで充填した状態です。FRPを初めとする塗膜防水は、躯体に密着する事によって高い強度や水密性を発揮しますので、空洞等が発生しないよう、適切に下地を整える必要があります。

なお、FRPには「絶縁脱気」といわれる工法は存在しません。

こちらが、盛り付けた樹脂モルタルを既存躯体とのツライチに削り取った状態です。これだけ成型すれば、十分FRPの強度は得られるでしょう。

剥落部の補修が終わると、ガラスマットの貼り付けに移ります。 こちらの現場の場合、このコンクリート架台は特に強い薬品が触れたりする場所ではありませんが、防水用のポリエステル系樹脂ではなく、防食用のビニルエステル系樹脂を使用しました。

保護用トップコートを塗布し、完成となります。

こちらが全景です。 ポンプや接続されているパイプの隙間など、複雑な形状であっても、高強度でシームレスな塗膜を形成できるのがFRPのメリットですね。

▲ ページの先頭へ