防食工事|西岡化建株式会社
防食工事

HOME > 事業内容 >現在のページ

防食工事(防蝕工事)

防食工事とは、防蝕とも書き、蝕みを防ぐ工事です。金属やコンクリートを腐食させないよう、酸性やアルカリ性の化学薬品、廃液から守る防食層を作る工事です。原材料樹脂メーカーとの共同研究により、腐食に強い塗床、塗装工事をしております。

主な施工例
化学工場、薬品工場、食品工場、メッキ工場、各種プラント施設、クリーンルーム、上下水道処理施設、廃液処理施設、理科系研究室、各種薬液タンク、貯水槽 etc・・・

防食塗床・防食塗装等、施工現場を調査の上、責任設計施工いたします。強酸性・強アルカリ性の腐食性物質、劇物や危険物を取り扱う建物の重防食工事も多数施工しております。

低臭システム FRP防蝕ライニング工法

特長

低臭・低飛散・低刺激を特長とし、施工過程で地球環境を考えた、人に優しい工法が可能となります。また、施工後においてもそれらの特長が環境負荷への低減にも繋がります。

用途

低臭システムであるため、上水貯水槽FRPタンクのライニング工事に最適です。また、安全性の検証から食品貯蔵庫・食品製造工場床等の工事に用いられます。

防食床

化学工場や化学薬品を扱う工場の酸、アルカリ、溶剤等による腐蝕に耐える床、食品工場等の耐熱、耐水、耐衝撃性の床を作ります。 “食品添加物等の規格基準"及び“合成樹脂製の器具又は容器包装" の分析試験に適合し、厚生省の認可を頂いたディックライト仕様による工法です。

重防食槽

ビニルエステル樹脂の採用により、高い防蝕性能を発揮し、薬液槽等における耐酸、耐アルカリ、耐溶剤等、優れた耐久性を持つ、重防蝕槽を造り、ご信頼頂ける工事を提供します。 塩酸・硫酸・フッ化水素酸・クロム酸・硝酸等の薬品に対して、耐薬品性の試験による薬品濃度、使用可能温度について優秀とするデータが保存されております。 薬液槽の仕様についてはご相談下さい。

上下水道処理施設における用途

水道用液状エポキシ樹脂塗装方法JWWAK135合格品。 日本下水道事業団、日本農業集落排水協会「コンクリート防食指針(案)」対応品。 豊富な実績と数多い工法があります。ご相談下さい。

上水貯水槽の改修に

薬液・溶剤に耐えるFRP防蝕ライニングですから、上水道受水槽の改修にも応用が可能となっております。 最近では、屋上・塔屋の防水改修と省エネのための遮熱トップコート、およびFRP受水槽の太陽光線遮断塗装のご依頼が増加しております。

防液堤 防食ライニング

防液堤の防食ライニング工事を例に、防食工事の全体の工程をご説明いたします。

詳しくはこちら防食工事とは?

銅めっき槽 防食ライニング

大手機械製造メーカーにあります銅めっき槽のFRP防蝕ライニングです。
当社では各種貯槽、めっき槽、処理槽、凝集槽、分離槽など、様々な重防食処理を行っています。

詳しくはこちら銅めっき層防食ライニング

大型貯水槽・タンク 防食ライニング

数十リットル程度の簡易槽や部分補修から、数キロリットルを超える規模のタンクまで、ありとあらゆるものの防食ライニングを承っております。
内容物も、食品、強酸性・強アルカリ性の劇物、ガソリン等の危険物等、問わずに対応致します。

詳しくはこちら大型貯水槽防食ライニング

貯水槽改修工事

マンションなどに設置されている貯水槽の改修工事も承っております。
災害時、非常に頼りになる貯水槽ですが、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
遮光塗装、FRP補強、耐震補強等、大丈夫でしょうか?

詳しくはこちら 貯水槽改修工事

トラック荷台 防食ライニング

半導体などの精密機器や医薬品など、クリーンルームで製造され、クリーンルームへ出荷されるような厳しい品質管理が行われている製品でも、運搬するのはトラックです。
丁寧なパッキングとあわせ、トラックにも防塵・防食・耐摩耗処理はいかがでしょうか。

詳しくはこちらトラック荷台防食ライニング

ポンプ架台 防食ライニング

FRPは防蝕のみではなく、躯体の保護にも役立ちます。
劣化の進んだコンクリートをFRPで覆い囲むことで、今後の劣化速度を大幅に減速させることが可能となります。
仕様は異なりますが、ブロック塀を初めとするコンクリート構造体の耐震補強も行っております。

詳しくはこちらポンプ架台防食ライニング

▲ ページの先頭へ